お知らせ

その症状は金属アレルギー?セラミックを試してみては

「歯の治療を受けてから、なんとなく体調が悪い…」ということはありませんか?その症状、金属アレルギーかもしれません。

歯科治療が金属アレルギーの原因になることも!?

歯の治療に使うセメントや土台、詰め物・被せ物など、歯科材料にはあらゆるところに金属が使用されています。その代表的な例が銀歯です。「そういえば銀歯が口の中に入っている!」という人は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

銀歯のほかにも、歯科治療では、ニッケル、コバルト、クロム、パラジウム、スズ、銅、亜鉛、水銀、インジウムといったさまざまな金属が使われますが、いずれも金属アレルギーの原因になりやすい物質です。

これらの金属が唾液の影響を受けてイオン化し、お口の中に溶け出して、タンパク質と結合して金属アレルギーを発症することがあるのです。

全身にアレルギー症状がでることも!?

一般的な金属アレルギーといえば、指輪やピアスなどの金属製のアクセサリーが触れていた肌が赤くただれる、といった直接的な症状が出るというイメージがあります。

しかしながら歯科治療が原因となる金属アレルギーでは、直接金属に触れていない全身に症状がでることがあります。そのためアレルゲンを突き止めることができず、長い間、原因不明の体調不良に悩まされているケースも少なくありません。

また、症状が現れるまで時間がかかることが多く、歯科治療を受けた数年後になって、アトピー性皮膚炎、口内炎、脱毛症、舌炎、肌荒れ、水虫といった症状が現れてくることもあります。

セラミックなら金属アレルギーの心配無用!

金属アレルギーの心配がいらない歯科治療があります。メタルフリー治療といって、詰め物や被せ物に金属を使わず、セラミック(陶器)の歯科素材を用いて治療を行う方法です。これから歯科治療を行う人に選ばれているだけでなく、最近では、昔入れた銀歯をセラミックに入れ替える治療を受ける人も増えてきました。

治療する場所や予算に合わせて選べる!

セラミックには、人工ダイヤモンドといわれるジルコニア、歯科用プラスチックであるレジンが混ざったハイブリッドセラミックなど、さまざまな種類があります。

強度が必要な奥歯や、見た目の美しさを重視する前歯など、治療する部分によって適切な種類のセラミックを選ぶことができます。

また、お値段にもリーズナブルなものから高価なものまで揃っていますので、予算などのご都合にあわせて選ぶことができます。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2018/10/31

ページトップ