お知らせ

入れ歯にすると顔が変わる??こんな入れ歯なら大丈夫です

入れ歯にすると顔が変わる

入れ歯にすると顔つきが変わるとよく言われていますが、お口に合わない入れ歯を使い続けてたりすると本当に変わってしまうことがあります。その理由として次の3つの原因が挙げられます。

1:筋肉の使い方が変わる

入れ歯にすることで、今まで使っていた筋肉が使われなくなることや、以前までは使っていなかった筋肉が使われるようになり、筋肉の使い方が変わることで顔の歪みに発展することがあります。

特に入れ歯装着の際に痛みがあり、気が付かない内に噛む癖が偏っている場合は要注意です。

2:使わない箇所が後退していく

入れ歯が口にフィットしておらず、食べ物を噛むときの刺激が顎の骨に伝わりにくくなると、骨が後退して口周りが痩せてシワが目立ったり、窪んで見えてしまったりします。

3:入れ歯の色が顔の印象から浮いている

保険適応で使用できる入れ歯の素材は限られています。

そのため、歯肉の色合いや顔色に似合わないような入れ歯の色に仕上がり、以前に比べて笑った時、話した時の印象が違って見えるといったこともあります。

入れ歯を上手に活用できれば若返り効果が得られます

一方で、高さや噛み合わせをきちんと計算して作られた入れ歯であれば、口周りのシワやくぼみを改善してより若返って見える効果を発揮してくれます。

「鼻の下が窪んでみえる」「入れ歯が前にでて、出っ歯のような印象になっていて嫌だ」「口元がすぼんで見えて老け顔になっている」などのお悩みはございませんか?

入れ歯を変えるだけで、印象がグッと若返る患者様もたくさんいらっしゃいます。一度お気軽にご相談くださいませ。

入れ歯で顔が変わらないようにするために出来ること

入れ歯で顔が変わらないようにし、むしろより若々しい印象を目指すのであれば、患者様のお口にフィットした入れ歯を製作することが何よりも大切です。

今現在、残念ながら保険治療でカバーできる素材や製作方法は十分とは言えず、構造に工夫を加えるのは難しい状態です。

こうした背景もあり、保険適応入れ歯では、噛む力は弱く筋肉や骨が衰退しやすい状態だと言えます。素材に厚みがあるので、盛り上がって見えると感じる方もいらっしゃるかも知れません。

自費診療の入れ歯であれば、保険適応入れ歯よりもより薄く、食事を楽しむに欠かせない熱伝導や、見た目の美しさに関わる審美的にも優れた素材を使用することができます。製作工程もずっと多くなりより細かい調整が可能になるのです。

入れ歯の使用で顔の印象をより良い方向に変えるためにも、自費診療の入れ歯を視野に入れたて検討される患者様も増えてきております。
ご予算などご心配な点もたくさんあるかと思いますが、自費・保険適応のいずれでもお気軽にご相談くださいませ。

一緒に患者様にとってベストな入れ歯製作を目指していきましょう。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2018/12/05

ページトップ