ジャンル別記事

ブログ

歯の神経の治療ってなに?どれぐらい痛いものなの?

「歯の神経の治療」や「歯の根の治療」をすると言われたとき、「どんな治療をするの?」、「痛い治療なの?」と不安に思われたことはありませんか? 今回はみなさまに安心して治療を受けていただくために、歯の神経の治療(根管治療)についてお話ししていきたいと思います。 歯の神経の治療(根管治療)とは? 根管治療とは、歯の根の治療のことで...

>>本文を読む

理想的な歯並びとは?チェックしてみよう!

歯並びのチェック 歯並びは、見た目の問題だけではなく、虫歯・歯周病といった歯・お口の病気にも影響を与えます。 あまり気にしたことがないよという方も、一度ご自身の歯並びをチェックしてみませんか? 正面から見たとき まずは、「い」の発音をする時のように奥歯を噛み合せてお口を横に開いて鏡を見てみましょう。 この時、以下のように...

>>本文を読む

歯がしみるのってどんなとき?すぐに歯科に行くべき?

歯がしみることはありませんか? 冷たい飲み物や温かい食べ物、甘いものを口に入れた時に瞬間的に歯がしみることはありませんか?食べ物だけでなく、歯磨きの時や風が当たった時にもしみることがあります。 しみる痛みは瞬間的なものなので放っておきがちですが、自然に治ることはほぼありません。加齢によるものだと勝手に判断せずに歯科医院を受診し...

>>本文を読む

歯茎(歯肉)から出血…これって歯周病?

こんなときに歯茎から出血しませんか? 歯磨きやデンタルフロスをした時、歯茎から出血することはありませんか? たまたま歯ブラシやフロスで歯茎を傷つけてしまったから、と歯茎からの出血を見なかったことにしてはいないでしょうか? 乱暴に歯磨きやデンタルフロスをしない限り、歯茎から出血することはありません。 歯茎からの出血は口の中からの...

>>本文を読む

子どものデンタルフロス、いつから使い始める?使い方のコツは?

デンタルフロスって? デンタルフロスは、繊維を利用して歯と歯の間に詰まった食べ物や歯垢を落とすための道具です。「フロス」とも呼ばれています。 プラスチックの持ち手が付いたホルダータイプと、繊維(フロス)のみがケースに巻き付けてあり必要分を切って自分の指に巻きつけて使うホルダータイプがあります。 子ども用のデンタルフロス(ホルダー...

>>本文を読む

インプラントと入れ歯、差し歯のメリット・デメリットを徹底比較!

インプラントって? インプラントは、人工的な歯の根っこをあごの骨に埋め込み、 その上に人工の歯を差し込む治療法です。 メリットは、見た目や噛み心地が元のご自分の歯とほとんど変わらないことです。 歯を失った場所のみに治療を施すため、他の歯を削ったり、 噛んだ時に他の歯や歯茎が痛くなることもありません。 デメリットは、...

>>本文を読む

歯の黄ばみを直したい!自分でできる対策と歯医者でできること

みなさん、こんにちは。 今日は歯の黄ばみについてお話します。 突然ですが、みなさんは歯の白さについて自信はありますか。 歯の白さは、ご自身の眼球の白い部分と同程度の白さがバランスの良い白さであると言われています。 歯の白さも肌の色と同様に個人差があるのです。 「歯の黄ばみ」のセルフケア さて、自分の歯が黄ばんで...

>>本文を読む

親知らずの抜歯で発症しやすいドライソケットとは?

みなさん、こんにちは。 今日はドライソケットについてお話します。 ドライソケットとは? ドライソケットとは、抜歯後に出る症状のひとつです。 本来であれば、歯を抜いたところは血液が凝固してできる“血餅(けっぺい)”によって傷口がふさがれ、だんだんと歯肉がくっつき治癒します。 血餅は“かさぶた”のようなものなのです。 ...

>>本文を読む

親知らずで抜歯が必要なときはこんなケースです!

みなさん、こんにちは。 今日は親知らずのお話をします。 親知らずが生えたら抜かなければいけない…そう思っている方はいませんか? 親知らずは生え方によって抜歯が必要な時とそうでない時があります。 今回は「親知らずの抜歯が必要な場合」と「抜歯が必要でない場合」についてご紹介したいと思います。 親知らずの抜歯が必要な場合 ...

>>本文を読む

入れ歯でも食べ物を食べやすくするためにできること

調理方法を工夫する 天然歯で食べ物を噛む力は最大で20キロ程度だと言われています。一方で、入れ歯で食べ物を噛む力は最大で6キロ程度です。 自然の歯と比べた時の噛む力は残念ながら1/3ほどになってしまうのです。硬い食べ物を無理に入れ歯でかみ砕こうとすれば、歯茎を傷つけてしまいます。 入れ歯でも美味しく食べ物を食べるために調理方法を...

>>本文を読む

 

ページトップ