虫歯治療

虫歯治療

虫歯は早めの対処が肝心!
「痛くない治療」を行うので安心してお越しください

「虫歯治療は痛い!」と思い込んでいませんか?

「虫歯治療は痛い!」と思い込んでいませんか?

虫歯治療の痛みが怖くて、なかなか歯科医院に足が向かない……そんな方は少なくないことでしょう。では、「虫歯治療=痛い」というイメージは、どこからくるのでしょうか?
歯を削ったり抜いたりする際は、もちろん麻酔を使用します。しかし、その麻酔を打つ際にも痛みは発生するもの。そこで当院では、その麻酔を注射する際の痛みにまで配慮しています。

  • 針を差し込む箇所にあらかじめ表面麻酔を塗って、チクッとする痛みを予防する。
  • 細い注射針を使い、刺激を最小限に抑える。
  • 事前に麻酔液をきちんと温めておく(冷たいと痛みを感じやすくなります)。

上記のような工夫をすることで、麻酔を打つ瞬間から痛みを感じない治療をスタートさせているのです。
治療時の痛みが原因で治療をためらっている方も、ぜひ一度当院にご相談ください。

あなたの「虫歯レベル」はどれくらい?

「虫歯」と一口にいっても、人によってそのレベルはさまざまです。具体的には、虫歯の原因である酸(虫歯菌が糖をエネルギーにして作り出す物質)がどれだけ歯にダメージを与えているかによって、C0〜C4までの5段階にレベル分けされています。

C0

C0

酸によって歯の表面(エナメル質)だけが溶かされた状態です。このレベルなら、正しい方法で丁寧に歯みがきをすることで治る可能性があります。

C1

C1

エナメル質が酸によって溶かされ、その下の象牙質が露出し始めている状態です。痛みなどの自覚症状がほとんどないため、この段階では虫歯であることに気づかない方も多くいます。

C2

C2

象牙質まで溶かされている状態です。この段階になると、甘いものや冷たいものなどが刺激になり、歯が痛むこともあります。
このC2までは、虫歯に侵された部分を削り、レジンと呼ばれるプラスチックを詰めるだけで治療は完了します。

C3

C3

象牙質の下にある歯髄にまで酸による侵攻が進んだ状態です。何もしなくても痛みを感じるようになり、日常生活に支障をきたします。
ここまで虫歯が進行した場合は、歯の根元をきれいに清掃する根幹治療や、歯全体を覆う被せものをつける治療が必要になります。

C4

C4

歯の歯ぐきよりも上に出ている部分が溶けてなくなってしまった状態です。上から被せものをつけたり、残った歯の根を抜いて、入れ歯やインプラントなどを入れたりすることになります。
C4になると顔が腫れてしまうケースもしばしば見られますが、これは虫歯菌が顎の骨にまで達していることが原因です。

進行した虫歯は歯みがきだけでは治せません

進行した虫歯は歯みがきだけでは治せません

C1以降の虫歯になってしまった場合、歯みがきだけで治すことはできません。それどころか、C2以降は歯を溶かすスピードが速くなります。そのままで放っておくと、あっという間に歯が痛み出し、治療も大がかりになってしまうでしょう。
生まれ持った大切な歯を守るためには、早い段階で治療できるかどうかがポイントになります。痛みに配慮した「優しい治療」に努めることをお約束しますので、どうか勇気を出してご来院ください。