義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

ぴったりとあう入れ歯をつくり
もう一度「よく噛めるお口」を取り戻しませんか?

お口にフィットする入れ歯は健康的な毎日を実現します

お口にフィットする入れ歯は健康的な毎日を実現します

入れ歯は、体の一部として機能するもの。これがあっていないと、毎日の食事を思うように食べられなくなり、どんどんストレスが溜まってしまいます。さらには栄養を十分に摂れなくなり、体の調子を崩してしまうこともあるでしょう。
健やかな毎日を送るためには、お口にフィットする入れ歯を手に入れることがとても大切なのです。

入れ歯には大きく分けて2つの種類があります。当院では、お一人おひとりのお口の状況やご希望にあわせて、ぴったりのものを作成しています。

総入れ歯(フルデンチャー)

総入れ歯

名前のとおり、上下どちらかの顎全体を覆うタイプの入れ歯です。多くの歯を失った場合に使用します。

人工歯と床(顎と接着する部分)とで構成されおり、保険の適用範囲内で治療する場合は、人工歯にプラスチックを、床に合成樹脂を使います。自費治療になると選択肢が広がり、人工歯にはセラミックを、床にはチタンなどの金属を用いることも可能です。よりよい見た目と使い心地を求める方には、自費の入れ歯をおすすめします。

部分入れ歯(パーシャルデンチャー)

部分入れ歯

歯の一部分を失った際に使う入れ歯で、欠損部分の両隣の歯にクラスプ(バネ)をかけて固定します。 保険の入れ歯はバネの部分が金属でできていますが、自費であれば金属を使用せず、自然な見た目に仕上げることも可能です。

入れ歯づくりの流れについて

入れ歯の製作は、以下のステップを踏んで行います。

(1)個人トレーの作成

基本的な検査やカウンセリングを終えたら、個人トレー(大まかな型)を作成します。

(2)型取り

(1)でつくった個人トレーを使い、より精密な型を取ります。この型を使用して、「咬合床」と呼ばれる土台をつくります。

(3)噛み合わせの決定

咬合床をお口に装着した状態で、噛み合わせ(人工歯の埋め込み位置)を決めます。

(4)仮入れ歯の完成

ロウでできた仮入れ歯で、見た目やフィット感などを確認します。気になる点があれば遠慮なくおっしゃってください。

(5)入れ歯の完成

必要に応じて仮入れ歯に修正を加え、本入れ歯用の素材でつくり直して完成です。

すべてのステップで患者さまのご意向を細かく確認し、かつ丁寧に説明しながら進めていきますので、どうぞご安心ください。