ドクターズファイル

ドクターズファイル

ドクターズファイル

東急田園都市線の宮前平駅を出てすぐ、メディカルモールの3階にある「宮前平歯科林クリニック」。
勤務医として経験を積んだ院長の林茂雄先生が、2016年12月に開業した。人と話すのが大好きで、ユーモアたっぷりのその人柄は子どもたちからも大人気。

開業して間もないというのに、子どもから大人まで、周辺のベットタウンからたくさんの患者が訪れる。チームワークをとても大切にし、信頼できる医師とのネットワークを構築。「健康のことでお悩みの場合は気軽に相談してください。信頼できる仲間を紹介します」と林院長。

患者の健康を全面的にバックアップしていきたいと意気込む。
(取材日2016年12月29日)

大切なのは患者目線、医師とも連携して健康をサポート

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

ドクターズファイル

実は、私の姉が歯科医師なんですよ。なので、歯科医師という仕事がとても身近で、どんな仕事なのかよくわかっていましたし、その魅力も姉からいろいろと教えてもらいました。

それに、両親には以前から「手に職を持ちなさい」と言われていたので、進路を決める時、迷わず歯科医師に決めました。歯科医師の仕事は姉から教えてもらった通りで、歯の治療を通して患者さんにとても喜んでいただける、とても素晴らしい職業ですね。

歯の治療を通して地域に貢献していると実感もできるので、仕事がとても楽しいですし、すごく充実した毎日を過ごしています。

この場所で開業したのはなぜですか。

住まいが横浜なので、東横線の沿線かその周辺エリアで開業したいと思っていました。
それと、こだわりが一つあって、開業するなら絶対にメディカルモールと決めていました。

年配の患者さんの中には、歯科医師も「お医者さん」みたいな感覚でとらえている方もいて、歯の治療が終わったあと、腰も痛いからついでに診てほしいと言われることがあるんですよ。
そんなとき、相談に乗ってあげられないのは悔しいですよね。
なので、開業したら周りの医師と連携して、患者さんの健康を全面的にバックアップしたかったので、メディカルモールにこだわりました。

ここのメディカルモールには、信頼できるお医者さんがいくつも入っているので、歯の治療をしたあと、いいお医者さんを紹介してあげられます。
今も周りの先生とのネットワークはどんどん広がっているので、健康のことでお悩みの場合は気軽に相談してください。

子どもの患者さんも多いようですね。

ドクターズファイル

開業時にはさまざまな患者さんを想定し、院内をバリアフリーにしてご高齢の患者さんでも安心していただけるようにしましたし、通常の待合室の隣にキッズルームも用意して、お子さん連れの患者さんにもリラックスしていただける空間をつくりました。
おかげさまで開業以来、幅広い年齢層の患者さんに来ていただいています。

特徴的なのは、小児歯科専門ではないのですが、子どもの患者さんが多いことでしょうか。
この周辺は30代から40代の若い世帯が多いエリアということも、影響してるのかもしれません。

もしも、お子さんが歯医者嫌いでお困りのようでしたら、気軽に相談してください。
すぐに治療をしないで、まずは時間をかけて歯医者さんに慣れてもらうなど、お子さんの様子に応じて治療方針を変えています。

患者自身が治療方針や経過を知ることが大切

積極的に取り組んでいることがあれば教えてください。

ドクターズファイル

自分が使っている薬の名前や使用法などを記録する「お薬手帳」ってありますよね。
それと同じように、歯の診療記録を残しておけるのが「お口の健康手帳」で、クリニックでは積極的に取り入れています。

患者さんは自分の口の中がどんな状態なのか、詳しく知っておくことがとても大切だと思っているので導入しました。
初診の時に冊子をお渡しして、歯の健康状態や、治療方針などを記録していきます。

治療の前にはCCDカメラで口腔内を撮って、治療前と治療後でどのように違うのかを映像に残したり、患者さんの診療データを一元管理できるソフトを導入して、患者さんの診療経過をデータ化したりしています。

それらは診療のたびに患者さんにもお渡ししているので、「お口の健康手帳」に挟んでおいていただければ、自分の治療の経過を詳細に理解いただけると思います。

治療で心がけていることはどんなことですか。

僕には当たり前のことでも、患者さんは知らないことがたくさんあるので、常に「患者さんは知らない」という前提のもと、何度もわかりやすく説明しています。

患者さんの中にはしつこいと感じる人がいるかもしれませんが、納得したうえで治療を受けていただくことはとても大切なので、丁寧な説明を心がけています。
それと、可能な限り最高のパフォーマンスを患者さんに提供したいので、矯正の分野では僕以上の知識と技術を持ち、矯正治療を担当している市川先生に、月1回クリニックに来て、矯正の患者さんを診てもらっています。

僕がすべての患者さんを診ることもできますが、患者さんの立場に立ったら、スペシャリストの先生に診てもらったほうがうれしいですよね。
なので、市川先生と連携して、患者さんの治療にあたっています。

市川先生について、もう少し詳しく教えてください。

ドクターズファイル

僕は大学時代に、アメリカンフットボール部に所属していたのですが、その時の先輩が市川先生です。

市川先生とはその時から将来についていろいろと語り合っていて、患者さんのことを親身になって考える歯科医師になりたいという思いを共有していました。
なので、当時からずっと、いつか一緒に働けたらいいなと思っていました。

今回、開業を機に一緒に働く機会ができ、夢というか、念願がかない、本当にうれしいです。
外部から優秀な先生が来ているクリニックは多いと思うのですが、治療方針や患者さんに対する考え方が違うと、意見が対立してしまうということがあるんですよ。
でも、僕と市川先生とは以心伝心というか、共感する部分が多いので、治療のことについても常に腹を割って話し合えます。

僕と市川先生のタッグは、クリニック最強の強みですね。

家族を大切にしたい、その思いは患者も同じ

クリニックの今後の展開について、どのようにお考えですか。

ドクターズファイル

どの患者さんもそうだと思うのですが、いい加減な治療をしているクリニックは、家族に絶対紹介しませんよね。
だから、1人の患者さんの治療をきっかけに、その家族全員を診るようにならなければ一人前だとは言えないと、師事している先生から何度も言われました。

以来、患者さんから信頼される歯科医師をめざし、全力で患者さんと向き合っています。
おかげさまで、患者さんも増えてきましたし、かつて勤務していたクリニックの患者さんも何名か治療に来ていただいています。

今後も1人の患者さんとの出会いを通して、ご家族やご友人を紹介していただき、患者さんのネットワークを広げていきたいですね。

休日の過ごし方などを教えてください。

クリニックは土曜日と日曜日も開けているので、月曜日と祝日が休日です。
趣味はこれといってありませんが、結婚したばかりということもあって、家族と過ごすのがとても楽しいですね。
ストレスでちょっとやせたねって言われた時もありましたが、今はとても充実しています。

それと、週1回は必ず実家で食事をする機会を作っています。
僕は、仕事も私生活も人とのつながりがとても大切だと思っていて、その基本が家族ではないでしょうか。
なので、これからも休日は家族のために使っていきたいと思っています。

ただ、最近は休日でも急患に対応したり、母校での講師を引き受けたりして、プライベートの時間が減ってしまうことがあります。
それでも時間を有効に使って、家族と地域のために頑張っていきたいと思っています。

最後ですが、読者へのメッセージをお願いします。

ドクターズファイル

クリニックには子どもの患者さんがたくさん来るので、お子さんの治療をきっかけに、保護者の方も歯のメンテナンスにも取り組んでいただけるとうれしいですね。

クリニックでは患者さん目線に立って、丁寧な説明を心がけているので、いろいろと相談してください。
それと、矯正を希望する患者さんもたくさん来ますが、中には矯正は高いという先入観をお持ちの方もいます。
そのようにお考えの方は、矯正に対する理解が不足しているケースも多いので、矯正の価値や素晴らしさをご理解いただけるよう説明しております。

もちろん、ご予算もあるかと思いますので、その範囲内でできることを提案させていただきます。

僕が窓口になって相談に応じていますので、気軽に声をかけてください。