お知らせ

歯周病を見逃していませんか?気をつけるべき初期症状

歯周病が歯ぐきの病気だということはみなさんご存じでしょう。
「病気」というからには何か症状が出るもの、そして症状が出たら歯医者に行こうと思っている人もいるかもしれません。しかし歯周病は「サイレントディズィーズ(静かなる病気)」とも呼ばれていて、自覚症状をほとんど出しません。そのため、不具合が出てから歯医者に行っても手遅れの場合があるのです。そうならないために歯周病の初期症状について知っておきましょう。
203ad5b5d907034be81c5bdd0fb5af64_s

見落としていませんか?歯周病の初期症状

歯周病の初期症状には次のようなものがあります。

1.歯を磨くと血が出ることがある

出血は歯周病の初期から現れる症状です。この症状をいち早く見つけることが大事です。歯磨きをする際には出血しているところがないかをよく確認しましょう。

2.歯ぐきが赤く、ぷっくりとしている

歯ぐきの状態を日頃からよく見ておくことも大切です。健康な歯ぐきはピンク色で引き締まっています。赤くプクッとしている場合は要注意です。

3.歯ぐきが下がった気がする

歯周病では歯を支えている骨などが溶かされ、それに伴って歯ぐきが下がってきます。歯が伸びたような気がする、という場合には歯周病にかかっている可能性があります。

4.歯ぐきがむず痒い感じがする

歯周病はよっぽど進行しないと痛みを感じることはあまりありません。ただ、むず痒いというような症状が出ることはあります。

5.口臭がある

歯周病菌の作り出すガスは悪臭を放ちます。たびたび口臭を指摘される、自分で口臭がある気がする、というような場合には歯周病にかかっている可能性があります。

6.ものがよく挟まるようになってきた

歯周病が進行してくると、歯ぐきが下がり、歯と歯の間にものが詰まったり、挟まりやすくなったりします。以前は挟まっていなかったのに、最近挟まるという場合には要注意です。

歯周病はなるべく早期発見することが大切

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_l
歯周病の怖いところは、歯を支える骨がなくなってしまい、その失われた骨は歯周病の治療を行っても簡単に戻ってこないことです。歯周病が進行した状態から慌てて治療を受けても、決して元どおりに治らないばかりか、病状の進行を止めるのが非常に難しくなってきます。

歯周病は早期に治療すれば、進行をストップさせることができます。そのためには些細な症状を見逃さないことが大切です。日頃から自分の歯ぐきの状態をよくチェックし、できる限り歯医者さんで定期検診を受けて歯ぐきの状態を確認してもらうことをお勧めします。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2016/10/19

ページトップ