審美歯科

審美歯科

「口元美人でいたい」あなたに……
審美歯科による白く美しい詰めもの・被せものという選択を

銀歯が気になって思いきり笑えない……そんな悩みを解決します

「口元美人でいたい」あなたに

虫歯で歯を削った場合、保険適用の範囲内で治療を行うと、多くの場合は銀でできた詰めもの(もしくは被せもの)を装着することになります。しかし、白い歯の中に銀歯があると、どうしても悪目立ちしてしまうものです。
銀歯を装着したことで、人と食事や会話をしたり、思いきり笑ったりすることに不安を覚える方は少なからずいらっしゃいます。

しかし、審美歯科ならそんな悩みを解決できます。銀ではなくセラミック(陶器)などの素材を使用することで、白く美しい詰めもの・被せものを製作することが可能になるのです。もちろん強度にも優れており、耐久性の観点でも安心。また、保険適用の銀歯はだんだんと黒ずんでくるものですが、その心配もありません。

なお、一口にセラミックといっても、いくつかの種類があります。お一人おひとりに最適な方法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。費用や治療期間についても、分かりやすくご案内します。 見た目の美しさにこだわりたい方は、ぜひ審美歯科をご検討ください。

金属アレルギーの心配がないこともメリットです

金属アレルギーの心配がないこともメリットです

審美歯科治療を受けるメリットは、美しい口元を手に入れられることだけではありません。セラミックには金属が一切含まれていないため、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けられるのです。

また、現在は金属アレルギーではない方も、歯の詰めものや被せものに金属を使用したことが原因で、アレルギーを引き起こす可能性があります。

症状の程度は人によってさまざまですが、歯ぐきが黒ずむといった比較的軽度なものから、全身にじんましんが発生するなどの重症に至ることまであります。

金属アクセサリーでかぶれた経験がある方、肌が弱い方などは特に、各治療のリスクをよく考慮した上で選択されることをおすすめします。