お知らせ

歯科医が掲げる他の科とは何が違う? 一般歯科とは

歯科医院の看板を見ると一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科などいろいろ掲げてあったりしますが、一般歯科と「矯正歯科」「口腔外科」「小児歯科」では何が違うのでしょうか。

治療内容や専門性のレベルにより分けられているようですが、その違いは一般的にはわかりにくいですね。多くの人が抱いているその疑問について解説したいと思います。

私たちになじみの深い一般歯科とは?

一般歯科とは

一般歯科とは虫歯の治療や歯周病の治療など多くの患者さんが受けるごく一般的な治療のことを指します。
一般歯科では保険適用内での治療が多いので、一般歯科を保険診療と思っている人もいますが、一般歯科でも詰め物やかぶせ物の材質によっては保険適用外になることもあります。

少し前までは小児歯科や矯正歯科などの区別はなく、歯の治療は一般歯科で行うことが一般的でしたが、現在は患者さんの希望や治療の目的、治療方法が多様化し、歯科医院もそれに合わせて専門的な治療ができる医院が増えてきています。

科の区別もそのような需要から分かれていき、昔よりも専門性が高い治療が受けられるようになっています。通常の虫歯治療などを矯正歯科や口腔外科と区別する意味で一般歯科としています。 

一般歯科とその他の専門治療との違い

一般歯科とは

現在、歯科医院の看板に掲げてよいのは一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科の4種類となっています。一般歯科以外の3種類の歯科はそれぞれ単独で開業できる専門歯科です。

小児歯科は小児科の病院と同様、子供を対象とした歯科治療を行い、成長に合わせた治療を行うことを専門としており、大人の治療は行いません。

矯正歯科は最近では歯並びを気にする人が増えてきているので、よく知られるようになってきました。虫歯予防のためにも矯正治療を行うことはすすめられていますが、お口の中の状態や歯の生え具合は個人差があるため、専門性の高い治療といえます。「矯正歯科」といった場合は矯正以外の歯科治療は行わないことになっています。

口腔外科は口の中の腫瘍やガンなどのできものに対する治療を行ったり、歯茎に埋まっている親知らずを抜いたりする少し難しい治療を行うことを中心としています。その他、顎関節症の治療やインプラント治療などは一般的な虫歯や歯周病についての知識だけでなく、専門的な知識や手術を行う技術、全身を管理することができる設備が必要となります。

そして、小児歯科、矯正歯科、口腔外科以外の治療は一般歯科となります。

専門性レベルの違いで治療する科が異なることも!

一般歯科とは

歯科医院の看板を見ると一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科のうちのいくつかが掲げられています。科による治療内容のおおまかな違いは前項で述べましたが、実はそこには治療内容により同じことでも専門性のレベルが異なることがあります。

例えば、親知らずの抜歯をする場合、まっすぐに生えていれば一般歯科でも対応は可能です。
しかし、横向きに生えていたり、歯茎の中にほとんど埋まっているという場合は一般歯科の歯科医でも対応できることもありますが、縫ったりする手術が必要になる場合にはより専門性が高くなり、口腔外科を受診したほうがよいということがある場合です。

その他、かぶせ物をする場合なども通常の治療ならば一般歯科でよいのですが、審美的な治療も求める場合などは一般歯科では治療が難しいこともあります。専門性のレベルの違いは看板を見ただけではわかりません。
歯科医の技術の差によって治療内容が異なり、求めている結果が得られないことがあります。治療に入る前にどのような治療を行うか説明があるはずですので、その説明に納得いかない場合にはセカンドオピニオンを求めてもよいと思います。

まとめ

近年は歯科治療も多様化し、さまざまな治療が受けられるようになりました。歯科治療は歯科医の技術によるところとなりますが、見た目だけでは判断しにくいので、患者自身が納得した上で治療を受けることが必要です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2018/04/16

ページトップ