お知らせ

ガミースマイルって治るの?原因と治療について解説

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは、笑った時に上顎の歯茎が見えすぎる状態のことです。目安として歯茎が3~4mm以上見えるとガミースマイルの印象が強くなります。

ガミースマイルであっても歯並び・咬み合わせに問題がなければ機能上の不都合はありません。しかし、見た目のコンプレックスになりやすく人前で笑うことを避ける方も多いようです。

ガミースマイルの原因

ガミースマイルの原因として次のことが挙げられます。

  • 歯の位置が通常より下・前にある
  • 歯茎が発達しすぎて歯に覆いかぶさってしまい歯が短く見える
  • 元から歯が小さい・短い
  • 唇の位置が通常より上にある
  • 上唇の筋肉が発達していて笑った時に持ち上がりすぎる

ガミースマイルの治療

歯肉切除

歯茎をレーザーなどで形を整えながら切除し、歯を大きく見せる方法です。1回の通院で終わります。術後の痛み・腫れはほとんどありませんが、後戻りしやすいのがデメリットです。

元から歯が小さい・短い方、歯茎が過剰に発達し歯に覆いかぶさっている方に向いている治療法です。

歯冠長延長手術

歯肉切除と歯槽骨(歯を支えている骨)の整形を行い、歯を大きく見せる手術です。術後は回復までに時間を要しますが、後戻りしにくいのがメリットです。

歯冠長延長手術と同時にセラミック矯正で歯の形や位置の微調整を行うと、より美しい口元にすることができます。

歯の位置が通常より下や前にある方に向いている治療法です。

上唇粘膜切除術

上唇の粘膜を縫合し、上唇が必要以上に上がらないようにする手術です。後戻りしにくいのが特徴です。

上唇の位置が通常より上にある方、上唇が持ち上がり過ぎる方に向いている治療法です。

ボトックス注射

上唇を持ち上げる筋肉へボツリヌストキシンを注射し、筋力を弱めて唇を上がりにくくする方法です。1回の通院で終わります。効果は3~6ヶ月程持続します。

上唇の位置が通常より上にある方、上唇が持ち上がり過ぎる方に向いている治療法です。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2020/05/27

ページトップ