インプラント歯科

インプラント歯科

生まれ持った歯に近い噛み心地を実現。
インプラント治療でストレスフリーに食事を楽しみましょう!

インプラント治療でよく噛めるお口を手に入れませんか?

インプラント治療でよく噛めるお口を手に入れませんか?

虫歯や事故で歯を失ってしまったとき、治療の選択肢として「インプラント治療」が挙げられます。

インプラント治療とは、歯を支えている顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着するという方法のことです。この「人工の歯根」をインプラントと呼びます。

歯を失ったときの治療方法には、インプラント治療の他に入れ歯やブリッジもあるでしょう。

しかし、インプラントはこれら2つの方法に比べて安定感が優れており、使い心地が良いとされています。その秘密は「支えの強さ」です。

私たち人間の噛む力はとても大きく、強く噛みしめたときには、なんと70kgもの力がかかります。根っこの部分が顎の骨に支えられている天然歯は、それに耐えうるようにできているのです。

インプラントの構造は、そんな天然歯と同じ。固い食べものも、安心して食べられることでしょう。

インプラント治療の流れについて

インプラント治療は、基本的には以下の流れで進めていきます。

(1)検査とカウンセリング

まずは、レントゲンや歯科用CTを使って、お口の状態を正確に把握することからスタートします。この検査結果に基づいて、最適な治療計画を立案。内容はカウンセリングで丁寧に説明するので、どうぞご安心ください。
また、カウンセリングでは治療へのご希望やご不安なども伺います。ささいなことでも遠慮なくお話しください。

(2)お口のクリーニング

インプラント手術を行う前に、歯のクリーニングを行い、安全に手術ができるように準備を整えます。

(3)1次手術

当院のインプラント手術は、2回に分けて行います。1回目の手術では、顎の骨にインプラントを埋め込むところまで進めます。
なお、手術ではもちろん麻酔を使用するため、痛みを感じることはありません。

(4)2次手術

1次手術から数ヶ月経ったら(インプラントが顎の骨ときちんと結合したら)、2回目の手術を行い、「アバットメント」と呼ばれる人工歯を付ける部品を装着します。

(5)人工歯の作成

2次手術を終え、歯肉の状態が安定したら、型取りを行って人工歯を作成します。

(6)人工歯の装着

(5)で作成した人工歯を装着したら、治療は完了です。
なお、インプラントを長持ちさせるには、しっかりとメンテナンスをしてあげることがとても大切です。治療後も定期的に通院し、健康な状態を保っていきましょう。

外科手術を伴うインプラント治療は、患者さまの不安も大きいはず。
そこで当院では、検査とカウンセリングを大切にした「安心の治療」を心がけています。ご不明な点や心配なことがあれば、遠慮なくご相談ください。