小児歯科

小児歯科

歯科医院嫌いでも大丈夫!お子さまの気持ちに寄り添う治療で、
健やかな成長をサポートします

乳歯の虫歯は永久歯にも悪影響を及ぼすことをご存知ですか?

乳歯の虫歯は永久歯にも悪影響を及ぼすことをご存知ですか?

「乳歯はいずれ抜けるから、虫歯になっても大丈夫」と思っている方は少なくないことでしょう。しかし、それは大きな誤りです。乳歯が虫歯になってしまうと、後から生えてくる永久歯にも悪影響を及ぼします。幼いうちからきちんと歯科医院に通い、虫歯にならないようにケアをしてあげることは、お子さまの健やかな成長には欠かせないのです。

また、子どものころから歯科医院に通うメリットは、もう1つあります。

それは「恐がらずに通院できるようになる」ということ。当たり前のように歯科医院へ通う習慣ができれば、生涯にわたって健康なお口で過ごせることでしょう。

大切なお子さまの将来のために、まずは歯科医院で健康状態をチェックすることから始めませんか?

小児歯科ではどんなことをするの?

当院の小児歯科では、以下のようなメニューをご提供しています。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促進する作用をもっている、フッ素。再石灰化とは、虫歯菌がつくる酸によって溶かされた歯の表面が、元の状態に修復する現象です。つまり、フッ素を塗って再石灰化を促すことで、虫歯は進行しにくくなるのです。
フッ素塗布は、定期的に行うことで高い効果を発揮します。3〜4か月に1度ほどの頻度で施術を行い、健康な状態を維持していきましょう。

シーラント

シーラントとは、奥歯の表面をプラスチックでコーティングし、溝を埋める施術です。こうすることで汚れがたまりにくくなり、虫歯を予防できます。
なかなかしっかりと歯みがきができないお子さまでも、シーラントをしておけば安心でしょう。

お子さまと保護者の方への歯みがき指導

正しい歯みがき方法をマスターすると、虫歯になるリスクをぐっと抑えられます。そこで当院では、お子さまへの歯みがき指導を実施。あわせて、保護者の方へ「仕上げみがきのコツ」もアドバイスいたします。

なお、当院ではお子さまの気持ちに寄り添う治療を心がけています。泣いてしまうお子さまには、すぐに治療はせず、まずは歯科医院という空間に慣れてもらうことから始めています。
「歯科医院嫌い」のお子さまをもつ保護者の方も、ぜひ一度当院にご相談ください。