妊娠中・授乳中の歯科

妊娠中・授乳中の歯科

これから生まれてくる大切な赤ちゃんのために……
歯科の面からお母さんの健康をサポートします

お母さんが歯周病になると、赤ちゃんに悪影響が及びます

お母さんが歯周病になると、赤ちゃんに悪影響が及びます

元気な赤ちゃんを出産するためには、お母さんが健康であることが必要不可欠。もちろん、お口の中も例外ではありません。お母さんが歯周病にかかってしまうと、早産や低体重児出産のリスクが高くなることが分かっています。

しかも、妊婦さんはホルモンバランスの関係で、妊娠前より歯周病にかかりやすい状態になっています。つわりで十分に歯みがきができず、汚れが溜まってしまうことも大きな原因です。

これまでに歯周病になったことのない方でも、歯ぐきが腫れたり、出血したりといった症状が出ることもあるでしょう。そんなときは「しばらくしたら治るだろう」と放置せず、速やかに歯科医院で治療することが必要です。

当院の妊娠中・授乳中の歯科(マタニティ歯科)では、お母さんの体と心にしっかりと配慮した安心の治療を提供しています。どんなささいなご相談でも丁寧にお答えするので、ぜひ安心してお越しください。

マタニティ歯科ってどんなことをするの?

マタニティ歯科ってどんなことをするの?

マタニティ歯科では、まずは検診を行います。虫歯や歯周病がないか、親知らずの状態はどうかなどをくまなくチェック。特に異常が見つからなかった場合はクリーニングをしながら定期的な観察を続け、異常があった場合には、赤ちゃんの成長にあわせて治療をスタートします。

治療が必要な場合は、原則として妊娠5〜8ヶ月の安定期に行います。

緊急時はその前後に行うこともありますが、十分に配慮しながら治療を進めるのでご安心ください。 また、レントゲン写真の撮影や麻酔の投与、薬の処方も、母子の体に影響が出ないように行っています。

妊娠中はどうしても気持ちがデリケートになるものです。治療に際して不安なことや気になること、もしくはご希望があれば、遠慮なくおっしゃってください。体にも心にもストレスがかからない方法で、一緒に健康なお口を維持していきましょう。