お知らせ

歯のホワイトニングを考えている方へ…治療の種類とメリット、デメリット

ホワイトニング治療とは

女性 美容

ホワイトニング治療とは、専用のホワイトニング剤を用いて歯を白くさせることを目的とした治療です。ホワイトニング剤は歯の表面に付いた着色汚れを薄くするだけでなく、歯の表面を乱反射しやすい状態にすることで本来の歯の白さ以上に歯を白く見せてくれる効果があります。

歯の本来の白さを決めているのは歯の表面の白さではありません。表面より一つ内側にある象牙質の色が歯の本来の白さを決めています。日本人の象牙質の色は薄い黄色が多いため、どんなに歯をきれいに磨いても真っ白の歯にならないことが多いです。象牙質の色を今から変えることはできませんが、ホワイトニング剤の乱反射効果によって本来の歯の白さ以上に歯を白く見せることは可能です。

オフィスホワイトニング

ホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯にホワイトニング剤を塗り、特殊な光を当てることで歯を白くします。

メリットは、1回の施術で希望の白さが実現することです。

デメリットは、効果持続期間がホームホワイトニングと比べると短いことです(3~6ヶ月程)。

ホームホワイトニング

歯のホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で歯型を採ってマウスピースを作り、そのマウスピースにホワイトニング剤をのせて装着することで歯を白くします。1日2~8時間の装着を2週間毎日続けます。

メリットは、効果持続期間が6~12ヶ月程とオフィスホワイトニングに比べて長いことです。

デメリットは、歯が白くなったと実感できるのはマウスピースを装着してから2週間経ってからということです。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。

メリットは、効果の即効性があり、かつ、効果持続期間が長いことです。また、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングを単独で行うよりも歯を白くすることができます。

デメリットは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つを行うため費用が高くなることです。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2020/09/30

ページトップ