歯周病治療

歯周病治療

自覚症状のない恐ろしい病「歯周病」は
徹底的なクリーニングとメンテナンスで撃退

日本人の8割がかかる!?歯周病ってどんな病気

日本人の8割がかかる!?歯周病ってどんな病気

皆さんは、歯を失う原因の第1位がなんだかご存知ですか? おそらくは「虫歯」と答える方が多いことでしょう。しかし、実は虫歯は第2位。第1位は「歯周病」です。歯周病は、私たちから大切な歯を奪ってしまう恐ろしい病気なのです。

しかも歯周病は、日本人の8割近くがかかっているというデータがあるほど身近な病気でもあります。

自覚症状があまりないため、「気づかないうちに歯周病にかかり、進行していた……」というケースが非常に多いことが特徴です。

さらに、歯周病は糖尿病や動脈硬化などの命を脅かす病気とも深い関係があります。 「痛みがないから大丈夫」などと油断せず、重症化する前にしっかり治療しましょう。

歯周病治療の内容とは?

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。そのため、毎日の歯みがきをしっかりすることが大前提になります。その上で、セルフケアでは取りきれないプラークを歯科医院できれいに落としましょう。
プラークを落とす主な方法としては、以下の2つが挙げられます。

スケーリング

スケーラーという専用の器具を使用して、プラークが固まってできた歯石を落とします。歯ブラシでは落とせない頑固な汚れも、スッキリ除去できます。

ルートプレーニング

歯周病が進行すると、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」と呼ばれる溝ができ、そこにプラークが入り込みます。ルートプレーニングでは、キュレットと呼ばれる器具を使用して、歯周ポケットの奥に入り込んだプラークを徹底的にかき出します。

この他にも、歯ぐきを切開して歯周ポケットの中を見える状態にしてからクリーニングを行う「フラップ手術」や、外科的処置とあわせて薬を服用する方法もあります。 なお、歯周病治療は「プラークを落としたら終わり」ではありません。歯周病は常にお口の中にいる「常在菌」です。そのため、プラークが溜まったまま放置しておくと、何度でも歯周病になってしまいます。定期的に歯科医院に通ってメンテナンスをし、常にお口をきれいに保つことが必要なのです。
何度も治療をすることにならないよう、私たちと一緒に健康なお口を守っていきましょう。