お知らせ

白い歯にしたい!保険適用内で虫歯治療、銀歯以外の選択肢はある?

少し前までは詰め物というと銀を使用したものがほとんどでした。
しかし、近年は歯に対する意識が高くなり、より美しく治療したい、白い歯にしたいという人が増えています。そのため、詰め物でも白いものが出てきました。
しかしそこで気になるのは、白い詰め物や被せ物というと保険適用外では?という部分かと思いますが、
現在は保険適用内で白い詰め物や被せ物ができるようになってきているようです。
そのメリットやデメリットなどをご紹介します。

虫歯治療の詰め物や被せ物はどのようなものがある?

虫歯治療に使用される詰め物や被せ物といえば、銀歯を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

銀歯は材料が安価で加工しやすいため、一般的な虫歯治療に使用されてきました。もちろん、現在でも使われており、保険適用内で治療を行うことができます。

その他に虫歯治療の詰め物や被せ物として使われるのは保険適用外のセラミックスです。
見た目はとても自然で自分の歯のようですが、自費診療で治療費が高額になるため、誰もができる治療ではありません。
しかし、現在ではセラミックス以外にも保険適用内で白い歯にできるレジンという歯科用のプラスチック素材が用いられるようになってきています。
保険適用で治療費も抑えることができるため、最近では使用頻度があがってきています。

保険適用内でできる白い詰め物や被せ物とは?

前項でレジンというプラスチック素材を使った治療が保険適用内でできるとご紹介しました。
こちらではさらに詳しくレジンを使ってどのような治療が行われているかをご紹介します。

・コンポジットレジン

コンポジットレジンが使用されるのは虫歯の部分を削って詰める場合です。
従来では型をとって銀を詰めていましたが、レジンというプラスチックを詰め、特殊な光を詰めたところにだけ照射し、硬化させます。
治療期間も短くすみ、見た目も白くできます。

・硬質レジン前装冠

前から数えて3番目の歯までに使える保険適用の白い被せ物ですが、歯の裏は金属になっています。表はプラスチックですので、見た目には白い歯になっています。

・硬質レジンジャケット冠

前から数えて5番目までの歯に使える保険適用内の被せ物です。こちらは歯の裏も白くすることができます。

白い詰め物、レジンのメリットとデメリット

レジンは見た目には白くでき、治療期間も短く保険適用できる歯科プラスチック素材です。
虫歯治療以外にも欠けた歯をもとの形につくる際にも使われています。銀歯のように詰めた後に虫歯が進行することもありませんし、金属アレルギーが出ることもない素材であることがメリットとなります。

しかし、デメリットもあります。それは歯科医の技術の差が出やすく、耐久性に欠けるということと、変色しやすいことです。
特に噛み合わせなどで力がかかる部分ではすり減ったり欠けたりするため、治療の際に歯科医からレジンでの治療を断られることもあります。
また、4~5年経過すると黄ばんだりして色が悪くなることも多く、耐久性には欠けるといえます。

保険適用内では白い歯にできないこともあります

レジンを使用すれば保険適用内で白い歯が手に入りますが、一部使えない場合があります。それは奥歯のかぶせ物と前から6番目以降にかかるブリッジの場合です。
奥歯でも虫歯を削って少し詰めるときには保険適用でレジンが使われます。しかし、奥歯は噛むときにとても力がかかる歯です。そのため、被せ物や大きく詰めなければならない場合、保険適用内で治療できるのは銀歯しかありません。

レジンでは強度的に問題があるためです。どうしても奥歯を白い歯にしたい場合は保険適用外のセラミックスを使うことになります。
また、前から5番目までの歯は保険適用内で硬質レジンジャケット冠を使うことができますが、ブリッジの場合には3本以上の歯がつながっているため使えないことがあります。

例えば、前から6番目の歯を失って5番、6番、7番の歯にブリッジを入れる場合、ブリッジは3本の歯がつながっているため5番だけ保険適用内で硬質レジンジャケット冠にし、6番7番を銀歯にするということはできません。
もし白い歯にしたい場合はそのブリッジはセラミックスにする必要があります。前から5番目までにすべてのブリッジの歯が入る場合は保険適用内で白い歯にすることができます。

まとめ

以前は白い歯にしたいときは自費診療でというのが一般的でしたが、現在は保険適用内でも白い歯にすることができます。リーズナブルに白い歯にすることができれば、見た目を気にせず治療を行えますね。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2018/03/23

ページトップ