お知らせ

お子さんのシーラント治療について

シーラントは、奥歯の上部にある溝や前歯の裏側を歯科用プラスチックで埋める「虫歯の予防法」です。虫歯予防処置の中でも効果が高いとされている予防治療です。

どんな人に向いている?頻度はどれくらい?

6歳臼歯とシーラント

主にお子さんの乳歯や6歳臼歯に対して行います。

6歳臼歯とは、第一臼歯(通常3本ある奥歯のうち、いちばん手前)のことで、6歳頃に生え変わります。上部に深い溝があるのが特徴で、食べかすや歯垢が非常に溜まりやすくなっています。この6歳臼歯の虫歯が、お子さんにはとても多いケースなのです。

6歳臼歯については虫歯になりやすい歯なので、生え変わってすぐの6歳ごろがよいでしょう。その他の歯では、4~5歳ごろ乳歯に、7~8歳ごろ永久歯の前歯に、9~12歳ごろに永久歯の奥歯に行うのが望ましいとされています。

もちろん、既に6歳臼歯に生え変わっている場合は、今からでも遅くありません。早めに歯科医院へ行くようにしましょう。

万が一すでに虫歯がある場合には、治療が終わった後にシーラントをすることで、虫歯を予防することができます。

なおシーラントはかみ合わせなどによって取れてしまうので、定期的に処置をやりなおす必要があります。シーラントを施した後も、しっかりと日々の歯磨きを行い、定期検診を受けるようにしましょう。

大人でも効果はあるの?

大人の歯とシーラント

大人の永久歯にも、シーラントによる予防効果が得られます。お子さんほど溝が大きくないのですが、歯ブラシで磨けないほどの細い溝が見られることがあります。そうなると、日常的な歯磨きではケアしきれません。

大人にとっても、あらかじめ奥歯の溝をシーラント処置で埋めてしまうことは、虫歯予防に有効です。希望される方はぜひご相談ください。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2019/10/23

ページトップ