お知らせ

SOS!銀歯が取れてしまったらどうすればいい?

まずは歯医者さんを予約しましょう

電話

まずはできるだけ早いうちに受診できるよう歯科医院に予約をとりましょう。

銀歯が取れてしまった部分は、通常はむき出しになっていてはいけない部分です。痛みがなくても速やかに治療が必要です。

治療を受けるまでに気を付ける3つのこと

1.戻さない

歯に穴が空いていることや歯がないように見えることが気になって、取れた銀歯を元の位置に戻すのはやめましょう。

そのまま戻してもくっつくことはないため再び取れて飲み込んでしまったり、食事中に取れた銀歯を噛んで自分の歯が欠けたり歯茎を傷付ける恐れがあります。

2.接着剤などでつけない

診てもらうまでの応急処置や自力で直すために接着剤などを使って自分でつけるのはやめましょう。歯や銀歯についた市販の接着剤は除去するのが非常に難しく、最悪の場合は削って除去するしかありません。本来そのまま使えるはずだった銀歯も使えなくなり、新しい銀歯が必要になります。

仮に自力で直したとしても自分でつけた銀歯は咬み合せが合っていないので、顎の痛みや歯が欠ける原因になります。また、銀歯が取れた原因として土台の歯が虫歯になっている可能性があるため、そのまま封じ込める行為は大変危険です。

3.捨てない

取れた銀歯は捨てずに歯科医院に持って行きましょう。取れた銀歯と土台の歯の状態に問題がなければ、そのまま取れた銀歯を再接着することができます。新しい銀歯を作らずに済むので時間・お金の節約になります。

銀歯を作った歯科医院とこれから行こうとしている歯科医院が違う場合でも問題ありません。

取れた銀歯は、チャック付きのビニール袋に入れて保存するのがおすすめです。ティッシュや紙に包むとゴミだと思って捨ててしまうことがあるためです。

きちんと治療を受けないでいると…

歯が痛い

銀歯が取れた歯は他の歯に比べてもろいため、食事や歯ぎしり・食いしばりで欠けたり割れたりする恐れがあります。また、穴になった部分は食べかすや汚れが詰まりやすく虫歯になりやすいです。

数ヶ月放置しておくと、歯の隙間を埋めようと隣の歯が移動してしまい銀歯を戻す隙間がなくなってしまうことがあります。また、上下で咬み合っていた歯が対になる歯の分を補おうとして伸びてくる(=歯茎から抜け出てくる)こともあります。

もう2度と「銀歯がとれた!」を起こさないためにできること

歯科治療

銀歯が取れないよう自分でできることは、

  • 銀歯に過度な負担をかける行為をやめる(歯ぎしり、片側だけで物を噛むこと、など)
  • 銀歯の経年劣化や虫歯を発見するために定期検診を受けること

です。

銀歯や接着剤はどうしても経年劣化するものです。日頃の努力も大切ですが、しっかりと定期検診を受けて銀歯が取れる前にメンテナンスを行いましょう。

カテゴリー:ブログ  投稿日:2020/02/20

ページトップ