親知らず

親知らず治療

患者さまの不安や恐怖心をきちんと理解し
痛みを抑えた親知らずの抜歯に努めています

親知らずってどんな歯なの?

親知らずってどんな歯なの?

親知らずは、お口の最も奥に生えてくる永久歯。生えてくる時期は20歳前後で、他の歯に比べて遅いことが特徴です。「親の知らないところで生える歯」であることから、親知らずと呼ばれています。
そんな親知らずは、歯ブラシが届きにくい位置にあることなどが原因で、虫歯になるケースが非常に多く見られます。そのため、一般的に「親知らず=お口のトラブルの原因」とされ、抜いたほうがよい認識されているのです。

ただし、親知らずは必ず抜かなければならないわけではありません。まっすぐに生えていて噛み合わせの一翼を担っていたり、きちんと歯みがきができていて虫歯に侵されていなかったりする場合は、そのまま残しておいても大丈夫です。

とはいっても、親知らずが虫歯や歯周病の原因になりやすいことは事実。「仕事が忙しいときに痛み出して困った」などという事態にならないよう、まずは親知らずの状態を確認することから始めましょう。

親知らずを抜歯することになったら……治療の流れについて

親知らずを抜歯することになった場合、以下のようなステップで治療していきます。

(1)検査・カウンセリング

レントゲンで親知らずの位置や大きさを確認し、抜歯の計画を立てます。検査結果や抜歯計画については、カウンセリングで分かりやすく説明するのでご安心ください。 なお、この段階で腫れや痛みがある場合には、薬を処方しています。

(2)抜歯

麻酔を投与してから抜歯に取りかかります。歯ぐきの下に親知らずが埋まっている場合はメスで切開しますが、麻酔が効いているので痛みはありません。
抜歯後は患部を丁寧に清掃し、必要に応じて縫合したら終了です。処方する鎮痛剤と抗生物質を服用して、安静にしていてください。
なお、場合によっては翌日も消毒と経過観察のために来院していただきます。

(3)抜糸

患部を縫合した場合は、約1週間後に抜糸をします。

親知らずの抜歯は、他の治療に比べて患者さまの恐怖心がどうしても大きくなるもの。そこで当院では、不安を払拭するカウンセリング、痛みに配慮した抜歯・アフターフォローを心がけています。ぜひ安心してご相談ください。